Home | school | MailMagazine | Works | Salon | Gallery | Link | Tips | Q&A | Guest Pics

本名 佐藤之美 愛称Conoo(コヌー)

だいたいプロフィールと言うと、血液型とか誕生日とか、
そーいう事がたくさん書いてありますが、
・・・ま、そんなこと書いても「あっそ!」で終わられてしまいそうなので、
ここでは、私の「現在まで」を、ざ〜〜〜っとお教えします!

・・・それでも、ど〜ぅしても一般的なプロフィールを知りたい方は、
お友達になる(^^)ことをお勧めします!
それにはまず、美容室へ来ていただき、お客様から始めましょう〜〜〜っ!!!(笑)

はじめてのメイク

ほかの事はよく覚えていないのに、この事だけは今でも鮮明に思い出せます。
トップページでも書いたように、保育園のころ
自分の顔を、クレヨンでお化粧しちゃったんです。
そんなあり様を発見されたとき、「怒られるぅ!」と思ったら、
それどころか、大人達は大爆笑の渦でした。

私のはじめてのメイクは、大成功だったのでしょう・・・・・・・か?!

 

友達の髪をチョキチョキ

皆さん学生の頃、自分で前髪を切ったり、
友達と切り合ったりした事はありませんか?
「このぐらいかなぁ?」
と、髪の毛を指ではさんでチョキチョキ。
そして、その直後
「がちょ〜ん!!!切りすぎた!」
と言うような経験は、誰にでも一度や二度はあるのでは・・・。
私も中学生の頃、友達と切り合ったりしたんですが、 意外と評判が良かったんです。
しかもその頃は聖子ちゃんカットが流行っていて、 段カット(つまりレイヤーカット)な んかもしてあげてました。
今思うと、子供の頃の感覚ってすごい なぁ。
美容師になって、あんなに出来なくて悩んだレイヤーを、 なんの躊躇もなく切っていたな んて・・・。
と言うより、髪を切らせた友達も勇気があるなぁ・・・と。
さて、上の写真、私はどこでしょう。・・・それにしても、全員同じヘアスタイルだ。時代を感じるなぁ。

Conooってナニ?

「こぬぅ」って、中学校からのあだ名なんです。
その頃バンドブームで、お互い「ジミ−」とか「ミスティー」とか(笑)
外国人のようなニックネームで呼び合うのが流行ってたんっす。
そして、そんな訳で自分もバンドとかやってたんっす。ハズカシ。
私の場合、名前が「このみ」なので、
「コニ−(?!笑)がいい!!」
とバンド仲間に言ったら、
「なんかさぁ、ヌーっっとしてるから、コヌーでいいよ」
と・・・。

・・・なんか、くだらなくて、すいません。(^^;)

写真はバンド時代の自分。なんか、かまやつひろし(笑)っつーか、ゲゲゲのきたろう・・・?前、見えなそー!

美容室 Part1 Part2

最初につとめた美容室は百合丘にある美容室でした。
このころ周りの人には、 「すぐに辞めそう」とか「すぐ結婚しちゃいそう」などと、 勝手な事を囁かれていたのでした。
・・・どれ一つ、当たってね−じゃん!(怒笑)

そして2つ目のお店は、渋谷の井の頭通り沿いにある美容室。 この辺で、仕事に対する目覚めがありました。
お店以外でも、カットのスクールなどに通う日々・・・。 ところが気持ちとは裏腹に、体を壊してこのお店は退店。

Part3 渋谷公園通りの美容室

そのあと、またまた渋谷のお店に入店。
このお店にいる間、私は多くのことを学びました。
もう、このころは学習意欲満々だったので、 技術に対して、ひじょ〜〜〜ぅに厳しいこのお店を選んだのでした。
前の美容室のころから通い始めた通信の美容学校や、 メイクのスクール、講習会やコンテストで、 お休みの火曜日は、ほとんど埋め尽くされていました。

このころ、あるディーラー主催の、メイクのコンテスト(東京大会)で、 優勝しちゃったんです。まぐれにも・・・。ははっ! そして、その日は偶然にも、フレンチレストランを予約していたので、 お祝いのワインを1本・・・そしてもう1本、 空けてしまったのは言うまでもありません。(^^)うまかったぁ!

そして東京コレクションや、舞台・ブライダルやクラブのファッションショウなど、
お店とは別に、メイクのお仕事も少しづつ始めていたのでした。
それまでは経験した事のなかったメイクの世界に、どんどん魅了されていき、
ヘアメイクとしての道を目指すようになりました。

おフランス、パリでの経験・・

ある一身上の都合と(笑うな!)、ふつふつと湧き出る探究心(笑)により、 フランスに1ヶ月弱いく事を決め、この↑美容室を退店。 このフランスでの経験で、少し強くなれたのかもしれません。パリに何をしに行ったかというと、 ジュリアン・デイズと言うヘアーアーティストの研修会を受けに、 そして、それまでの気分を変えるための「心の旅」っす。このパリ滞在での細かい日記などは、そのうちページを改めるとして、 何しろ一言で言うと、「目から鱗」の旅でした。

その1 研修会は技術の指導とかはなく、お絵かき(笑)の毎日だった。 これは、イメージを豊かにするためだそうです。

その2 地下鉄の連絡通路で、肌の黒い人達につかまり「お金出せ」 と脅されたが、なんとか事無きを得たのでした。 我ながら「割とつおいんじゃん!」・・・と。

その3 ↑の事が、どうでも良くなるほど、町並みを好きになってしまう。 だって、どこにカメラを向けても、かっこ良いんだもん。

本当に、「一皮向けたかな?」という旅でした。 それにしても、ワイン、うまかったなぁ・・・!

ふーてんのぷーさん(フリー)の日々・・そして

こっからいよいよヘアメイクの道へ、ということなんで、色変えてみました(笑)

美容室にいるころからメイクのお仕事をしていたので、 なんとかなるかな、などと甘い考えでフリーになったものの、 現実は、そう甘くはありませんでした。
では、「そんな時間は、お勉強に使っちゃえ」とばかり、 また、いろいろおべんきょしました。 なぜなら時間がたくさんあるから!(笑)
まず即行とったのは管理美容の免許。 そして着付けにもかよい、看板もらいました。 後になって、この事が良い結果をわたしにもたらしてくれました。 小学館のDIMEという雑誌で、着付けが出来るヘアメイクさん、という事で、 使っていただき、それ以来、いろいろとお世話になるようになりました。振袖を着るお正月号の表紙もやらせていただきました。

そして、お仕事には関係ないのですが、サーフィンを始めちゃいました。
自分の仕事には全然関係のない人達と知り合う事ができ、 視野が広がると共に、いろんな情報をもらえる場所が出来ました。 そのおかげで、ふーてんのぷーさんから、 自分で営業や事務・広告活動などする(当たり前なんですけどね) ちょっとちゃんとした自分になりました。 ご意見ご協力いただいた皆さん、本当に感謝しております。 m(_ _)m

どんな事が好転するか、わからないものですね。いまでは雑誌「ファイン」のヘアメイクもやっています。テレビや広告、雑誌、アーチストなど、いろいろ手がけるようになりました。詳しい仕事の紹介は、こちらです。

そしてさらなる野望へ・・・ファイャー!!!!

そんな日々の中、さらなる野望が湧いてきてしまいました。
「自分のアトリエ(美容室)を持ちたい」
まずそれには、美容室をはなれていたブランクを取り戻そうと、 ヘアメイクの仕事のない時に、先輩のお店にお世話になる事になりました。 青山のGUESTというお店です。ここで技術を十分に磨かせていただいているので、いまは虎視眈々とお店を開けるべく狙っております。
ついでに一緒にやってくれる方募集中です。ヘアメイクや、いろんなことに好奇心のある人、ちょっと雰囲気のいいお店を作りましょう。

話は変わって、2000年夏・・・ブームも終わったかに見えましたが、「カリスマ美容師(笑)ヘアーショウ in GUAM」 って感じの、お仕事が飛びこんできたのでした。
・・・もちろん、やりました(笑)。 モデルさんもとても気持ちの良い人で、 仕上がりも、満足のいくスタイルができたと思います。なにか雑誌に出たはずなのですが、見た方いらっしゃいます?

そしてこれから、どう言う展開が待っているのか・・・、 これからのConooに、乞うご期待!!! 

いつもより大目に燃えております。

2001 Conoo copyright reserved